m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒュミラ、化膿性汗腺炎で追加申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒュミラ、化膿性汗腺炎で追加申請

2018年6月8日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患整形外科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

アッヴィ合同会社は6月5日、ヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」(一般名:アダリムマブ(遺伝子組換え))について、化膿性汗腺炎(HS)の適応追加を承認申請したと発表した。承認された場合、国内では初めてのHSに適応を持つ治療薬となる。HSは、思春期以降に多く発症し、疼痛を伴う慢性的な炎症性皮膚疾患。海外での有病率は1%と報告されており、細菌による感染が主原因ではなく、免疫の関与が示唆されている。結節や膿瘍、瘻孔といった皮膚の炎症症状が腋窩、鼠径部、乳房、臀部などに頻発し、それ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞