m3.com トップ > 臨床ニュース > トファシチニブクエンに留意事項

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

トファシチニブクエンに留意事項 重篤な感染症の新たな発現・悪化の報告あり

厚生労働省はこのほど、JAK阻害薬として初めての潰瘍性大腸炎治療薬「トファシチニブクエン酸塩製剤」(商品名:ゼルヤンツ錠5mg)の使用について、留意事項の周知を促す通知を発出した。同剤投与により、結核、肺炎、敗血症、ウイルス感染等による重篤な感染症の新たな発現もしくは悪化が報告されていることなどから、同剤が疾病を完治させる薬剤でないことも含め、患者に十分説明し、患者が理解したことを確認した上で、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することを警告している。日本大腸肛門病学会が学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞