m3.com トップ > 臨床ニュース > 高濃度乳房、一律通知「望ましくない」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

高濃度乳房、一律通知「望ましくない」 乳房の構成知らせても有効な検査方法ないのが理由

乳癌検診のマンモグラフィーで異常が見つかりにくい「高濃度乳房」について、厚生労働省はこのほど、高濃度乳房を含む「乳房の構成」を検診受診者に一律に通知することは「望ましくない」とする文書をまとめ、全国の自治体に送付した。高濃度乳房は病気ではなく、乳房の構成を知らせたとしてもその後に行うべき有効な検査方法がないことを理由に挙げている。日本乳癌学会が学会ホームページで情報を伝えた。現在、住民検診の結果は、「精密検査が必要かどうか」を伝えているが、今後、乳房の構成を受診者に伝えるかどうかは検討課題の1つ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞