m3.com トップ > 臨床ニュース > 新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症GLを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症GLを公開 国内で増加、疫学的特徴や診療の流れ示す

日本小児アレルギー学会はこのほど、「新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症Minds準拠診療ガイドライン」を学会ホームページで公開した。国内で増加している新生児期、乳児期に発症する非IgE依存型の食物蛋白誘発胃腸症について、疫学的特徴や診断、鑑別、治療などの診療の全体的な流れなどを示している。同ガイドライン(GL)は、厚生労働省好酸球性消化管疾患研究班を主体に、同学会、日本小児栄養消化器肝臓学会などが作成。その背景として、同疾患は新生児・乳児が対象のため、病態に不明な点が多いこと、その診断・治療法が確立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞