m3.com トップ > 臨床ニュース > 臍使う驚きの術式と「へそ研」の活動【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

臍使う驚きの術式と「へそ研」の活動【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】 大阪大学小児成育外科学・奧山宏臣教授に聞く- Vol. 2

2018年6月21日 時流  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患

「小児外科医の臍へのこだわりは強い」と話す大阪大学小児成育外科学教授の奧山宏臣氏。臍を使った腹部手術の手技も多く開発されており、腹腔鏡を用いずに臍の小さな切開だけで胃や腸の手術を行うことも少なくないそうだ。2015年には「日本小児へそ研究会」が立ち上げられ、小児の臍に関する最新知見をまとめるなどの活動も行っている。引き続き奥山氏に、臍にまつわる“へぇ?そう!”な話を聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)臍を「手術の窓」にする術式も――臍ヘルニアに対し、小児外科の先生たちはできるだけ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞