m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒュミラのオートインジェクター製剤発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒュミラのオートインジェクター製剤発売

2018年6月13日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患整形外科疾患投薬に関わる問題

アッヴィ、エーザイ、EAファーマは6月11日、関節リウマチなどに用いる生物製剤ヒュミラ(一般名:アダリムマブ遺伝子組換え)について、ボタンを押すだけで、薬液が自動的に注入されるオートインジェクター製剤を発売したと発表した。自己注射時の患者の操作の手間と負担の軽減を目的に開発された。発売されたのはヒュミラ皮下注40mgペン0.4mLと同皮下注80mgペン0.8mL。投与前に針が出ないようにする機能を備え、針先を見ることなく投与できる。注射部位に押し当てて作動ボタンを押すだけで、約10秒で全薬液が自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞