m3.com トップ > 臨床ニュース > 気管チューブの死亡回避で提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

気管チューブの死亡回避で提言 日本医療安全調査機構、逸脱・迷入の5例分析

日本医療安全調査機構はこのほど、医療事故の再発防止に向けた提言第4号「気管切開術後早期の気管切開チューブ逸脱・迷入に係る死亡事例の分析」をホームページで公開した。同提言は、同機構の専門分析部会がまとめたもので、術後2週間程度で気管切開チューブが逸脱・迷入して死亡した5事例を分析し、7つの再発防止策を示している。リスクの把握の観点で見ると、術後早期は気管切開チューブの逸脱・迷入により生命の危険に陥りやすいことを全ての医療従事者が認識すべきとしている。同提言では、危機的状況に陥るリスクとして、特に気...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞