m3.com トップ > 臨床ニュース > 糖尿病性腎症の重症化防ぐ「顔の見える連携」【JDS2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

糖尿病性腎症の重症化防ぐ「顔の見える連携」【JDS2018】

2018年6月18日 MMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患

第61回日本糖尿病学会年次学術集会(会長・宇都宮一典・東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授)が5月24~26日、東京都内で開かれた。基礎系と臨床系を合わせ32のシンポジウムがあり、一般演題2455題が採択された。25日に開催された日本腎臓学会・日本糖尿病対策推進会議合同シンポジウム「糖尿病性腎臓病DKDの抑制を目指して」には7人の演者が登壇。大沢内科クリニック(富山県砺波市)の大沢謙三院長は「富山県砺波市における糖尿病性腎症重症化予防の取り組み」と題して講演した。(MMJ編集長・吉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞