m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症心不全患者への体外設置型連続流補助人工心臓システムの医師主導治験終了

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症心不全患者への体外設置型連続流補助人工心臓システムの医師主導治験終了

2018年6月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患その他

国立循環器病研究センター(国循)は6月14日、ニプロ株式会社と共同開発した「体外設置型連続流補助人工心臓システムBR16010」を用いた重症心不全患者に対する補助循環(NCVC-BTD_01)のfirstinhuman(FIH)試験について、2018年5月2日に全患者の観察期間を終了したと発表した。FIH試験は、2017年10月1日から医師主導治験として単独の施設で開始され、同年10月6日に第1例目が登録された。同試験は、従来の治療(薬物療法、外科的療法、不整脈治療、機械的補助循環法)では十分な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞