m3.com トップ > 臨床ニュース > 六君子湯と四君子湯、使い分けのコツ【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

六君子湯と四君子湯、使い分けのコツ【研修最前線】 研修最前線 医学生・臨床医のための東洋医学セミナー 漢方診療の実際:補剤の臨床 Vol.6_2

気虚を改善する補気剤のうち、四君子湯と並ぶ代表的な処方が六君子湯だ。補剤の臨床を学ぶm3.com「研修最前線」東洋医学セミナー編第6部第2回では、六君子湯の使い方と使い分けについて、症例を基に学ぶ。講師は引き続き、北里大学東洋医学総合研究所(東医研)漢方診療部の鈴木邦彦氏。胃もたれに適応のある六君子湯鈴木四君子湯の構成生薬(人参、朮=上写真、茯苓、甘草)に半夏と陳皮をプラスしたものが「六君子湯」です。半夏には胃腸内の停水をとり、陳皮には食欲増進や胃内の湿を乾かすという作用がありますが、この2つの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞