m3.com トップ > 臨床ニュース > 乳幼児虐待による頭部外傷で合意声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乳幼児虐待による頭部外傷で合意声明 日本小児科学会、SPRやESPRらと共同で

2018年6月21日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患脳神経外科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、乳幼児の虐待による頭部外傷(AHT:AbusiveHeadTrauma)で死亡・不可逆的な後遺障害を負った子どもの権利擁護のために、米国小児放射線学会(SPR)、欧州小児放射線学会(ESPR)など6団体との共同で合同声明を発表した。同声明では、AHTの診断が加害者の意図の証明や「殺人の診断」といった法的診断ではなく、あくまで医学的診断であることを主張している。同声明によると、AHTは2歳以下の小児の致死的頭部外傷の主要な原因。その受傷原因は多要因性(揺さぶり、揺さぶり後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞