m3.com トップ > 臨床ニュース > 症候性放射線脳壊死診療指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

症候性放射線脳壊死診療指針を公開 診療アルゴリズムを明確化、4つのCQを設定

医療情報サービス(Minds)はこのほど、「症候性放射線脳壊死診療ガイドライン」をオンラインで無料公開した。日本脳神経外科学会、日本医学放射線学会などでつくる作成委員会がまとめたもので、腫瘍に対して行う放射線治療後の放射線脳壊死のみを対象としている。診療アルゴリズムを明確化した上で、診断、治療などについて解説。4つのクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。同ガイドライン(GL)によると、症候性放射線脳壊死の現状としては、生存期間の延長が同疾患の発症率の増加につながり、日常臨床でも遭遇する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞