m3.com トップ > 臨床ニュース > 眼底網膜像を「自撮り」できる小型カメラシステムを開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

眼底網膜像を「自撮り」できる小型カメラシステムを開発

2018年6月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 眼科疾患その他

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は6月18日、画像処理装置の高速ビジョンと近赤外光を用いることにより、ユーザーが1人で眼底網膜像を撮影する新しい小型眼底カメラシステムの開発に成功したと発表した。この研究は、同大先端科学技術研究科物質創成科学領域の太田淳教授らの研究グループと、東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授らの研究グループが共同で行ったもの。研究成果はハワイで開催の「2018SymposiaonVLSITechnologyandCircuits」で発表された。1秒に1,00...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞