m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒュミラで新しい小児用製剤発売 侵襲的負担を軽減

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒュミラで新しい小児用製剤発売 侵襲的負担を軽減

2018年6月25日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ小児科疾患整形外科疾患投薬に関わる問題

アッヴィ合同会社とエーザイは6月21日、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤ヒュミラ(一般名:アダリムマブ(遺伝子組換え))の新たな小児用製剤「ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.2mL」を同日に新発売したと発表した。ヒュミラの既存製剤と同じく製造販売元はアッヴィ、販売元はエーザイで、両社で情報活動する。新製剤の適応症は、小児に発症する「多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎(JIA)」。ヒュミラの既存製剤もこの適応に使える。ただ、新製剤はいくつかの添加物を除いた高濃度製剤で、既存製剤のヒ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞