m3.com トップ > 臨床ニュース > ICD-11、耐性菌対策強化や漢方・鍼の記載にも言及

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ICD-11、耐性菌対策強化や漢方・鍼の記載にも言及 虚血性脳卒中の分類も変更

2018年6月26日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

世界保健機関(WHO)は6月18日、国際疾病分類第11回改訂版(ICD-11)の全体版を公表した。現在、日本で使用されているICD-10から約30年ぶりの改訂となる。医療機関では馴染み深い分類だが、あらためてその概要を紹介する。今回の改訂では「ゲーム症」の追加だけでなく、虚血性脳卒中や薬剤耐性菌の分類が変更される。また、漢方(東洋医学)や鍼などの伝統医学に関するコードが新設される見通し。(まとめ:m3.com編集部・坂口恵)ICDって何?ICDは、日本語訳では「疾病及び関連保健問題の国際統計分類...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞