m3.com トップ > 臨床ニュース > 「臍」から臨む腹部手術の未来像【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「臍」から臨む腹部手術の未来像【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】 杏林大学消化器・一般外科・森俊幸教授に聞く- Vol. 2

2018年7月5日 時流  カテゴリ: 一般外科疾患その他

腹腔鏡手術が登場して間もなく、単孔式手術のコンセプトが提唱された。しかし、杏林大学消化器・一般外科教授の森俊幸氏によると、標準的な術式に比べ優位性が証明されないため「メジャーになることはない」そうだ。では、現時点で単孔式手術が適応となりやすい疾患とは?今後、導入が期待されている腹腔鏡手術に関連した新技術と、減孔式手術への応用の可能性についても聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)臍使った手術、国際的に温度差?――単孔式手術は「傷を小さくしたい症例にのみ考慮される術式」とのことですが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞