m3.com トップ > 臨床ニュース > ビワ種子の健康茶過剰摂取に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビワ種子の健康茶過剰摂取に注意喚起 シアン化合物で頭痛、めまいの健康被害に

2018年6月28日 国民生活センター  カテゴリ: その他

国民生活センターでは、ビワの種子を使用した健康茶などを過剰に摂取しないよう注意を喚起している。ビワ、ウメ、スモモなどの種子や未熟な果実には、アミグダリンなど、体内で分解して青酸を発生するおそれがあるシアン化合物が含まれており、これを多く摂取した場合、頭痛やめまいなどの健康被害を引き起こすこともある。同センターによる調査の結果、ビワの種子を原材料とした健康茶で、飲用量やいれ方によっては健康に悪影響を及ぼす可能性があるとしている。果実が成熟すると通常はシアン化合物は消失し、未熟な果実なども適切に加工...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞