m3.com トップ > 臨床ニュース > 心サルコイドーシス、確定診断の実際【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

心サルコイドーシス、確定診断の実際【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.48_2

完全房室ブロックの精査加療目的で紹介受診してきた80歳代女性は、サルコイドーシスである可能性が濃厚となった。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年目の山根大明氏らが鑑別のために進めた追加検査の結果はどうだったか。m3.com研修最前線、「総合回診」シリーズ第48弾の第2回。原因は心臓サルコイドーシスと断定山根大明氏(以下、山根)サルコイドーシスの自覚症状は多岐にわたり、特徴的な症状は特にないとされます。自覚症状のない症例も30~40%に存在し、健診などで撮影した胸部X線写真で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞