m3.com トップ > 臨床ニュース > DNAR事案の救急要請で起きること【JSEM2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

DNAR事案の救急要請で起きること【JSEM2018】 救急救命東京研修所教授・田邉晴山氏、山梨県立中央病院救命救急センター・センター長・岩瀬史明氏の講演

2018年7月5日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患救急その他

国や関連学会などで、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)や事前指示書など終末期の意思決定の普及に向けた動きが加速している。一方で、本人や家族が既に「蘇生処置を希望しない(DNAR)」意思表示をしているにもかかわらず、救急要請が行われることに伴う問題が明らかになっている。病院前、そして救急搬入後のそれぞれの場面で何が起きているのか。第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会(5/31-6/2、名古屋市)の教育講演とシンポジウム(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)。消防隊員の9割以上が「D...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞