m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌検診、高生存率で8割が「効果ある」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

癌検診、高生存率で8割が「効果ある」 m3.com意識調査「癌検診は死亡を減らすか」―Vol. 2

患者の生存率は癌治療の重要な指標となるが、検診では必ずしもそうとは限らない。m3.com意識調査では、会員医師940人を対象に、群星(むりぶし)沖縄臨床研修センター長・徳田安春氏監修のアンケートを実施。ある癌「Z」の検診を受診した場合の生存率が受診しなかった場合より良好だという情報を提示したところ、この検診を患者に勧めると答えた医師が8割以上に上った。ある癌「Z」の検診についての情報を示します●あなたはこの検診を患者に勧めますか?ある癌「Z」の検診について、検診受診群の5年生存率が99%、非受診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞