m3.com トップ > 臨床ニュース > 細菌性髄膜炎診療指針2014を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

細菌性髄膜炎診療指針2014を公開 日本神経学会ら監修

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会、日本神経治療学会、日本神経感染症学会が監修した「細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は2006年版の全面改訂版で、作成時点の日本における細菌性髄膜炎の疫学的現況を踏まえ、従来の欧米のGLで未検討であった点についても、「日本発」のエビデンス構築の点から臨床治験を実施し、その検討を行ったとしている。8章構成で、24項目のクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。同GLは、現時点の日本にお...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞