m3.com トップ > 臨床ニュース > BAN2401、早期アルツハイマー病対象P2試験で有意な進行抑制

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

BAN2401、早期アルツハイマー病対象P2試験で有意な進行抑制

2018年7月11日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

エーザイ株式会社と米バイオジェン社は7月6日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の、早期アルツハイマー病を対象とした臨床第2相試験(201試験)において、統計学的に有意な臨床症状の悪化抑制と脳内アミロイドベータ蓄積の減少を証明したことを発表した。同試験の詳細な結果については今後、学会などで発表する予定だ。201試験は、アミロイドの脳内蓄積が確認されている、プロドローマルおよび軽度アルツハイマー病(総称して早期アルツハイマー病)患者856人を対象とした、プラセボ対照、二重...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞