m3.com トップ > 臨床ニュース > 輸血後感染症検査の意義見直しを提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

輸血後感染症検査の意義見直しを提言 日本輸血・細胞治療学会が多くの経済的、人的医療資源投入の現状踏まえ

日本輸血・細胞治療学会はこのほど、輸血後感染症検査の現状とあり方に関する提言を公式サイトに掲載した。輸血用血液の検査の進歩に加え、輸血後感染症検査に多くの経済的および人的医療資源を投入している現状を踏まえ、輸血後感染症検査の実施意義の見直しが必要であるとしている。提言は、2018年5月26日の第66回同学会総会で開催したシンポジウム15「輸血後感染症検査の現状とあり方」で決議されたもの。同学会によると、輸血によるB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞