m3.com トップ > 臨床ニュース > 「学生時代とは違う」鑑別診断のポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「学生時代とは違う」鑑別診断のポイント【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.49_3

2018年7月18日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患腎・泌尿器疾患

尿所見の異常から紹介受診となった40歳代女性症例の診断は、全身性エリテマトーデス(SLE)によるループス腎炎だった。自治医科大学附属さいたま医療センターに入職したてのジュニアレジデント1年・新井佐和子氏が経過を報告した本シリーズ、最終回は、鑑別診断を挙げる際のポイントなどについて、上級医の助言と質疑の模様を中心にお伝えする。ループス腎炎の治療は組織型により異なる新井佐和子氏(以下、新井)ループス腎炎について基本的なことをまとめました。ループス腎炎は、SLEの約30~50%に合併する腎炎で、日本で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞