m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 「全例にストレス潰瘍予防」は今も妥当か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 「全例にストレス潰瘍予防」は今も妥当か 感染症・集中治療 福家良太(東北医科薬科大学病院)

今回扱う論文Stressulcerprophylaxisinintensivecareunitpatientsreceivingenteralnutrition:asystematicreviewandmeta-analysis.CriticalCare2018;22:20論文概要経腸栄養中のICU患者へのストレス潰瘍予防は「有益性なし」ICU患者においては侵襲ストレスによるストレス潰瘍が生じることが知られているため、その予防として酸分泌抑制薬のプロトンポンプ阻害薬(以下PPI)やヒスタミンH2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞