m3.com トップ > 臨床ニュース > 肥満による前立腺がん進行メカニズムにIL-6とMDSCが関与

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肥満による前立腺がん進行メカニズムにIL-6とMDSCが関与

2018年7月17日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

大阪大学は7月10日、高脂肪食による肥満によって前立腺がんが進行するメカニズムを解明したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の藤田和利講師、野々村祝夫教授(泌尿器科学)らの研究グループによるもの。研究成果は「ClinicalCancerResearch」に掲載された。肥満と前立腺がんとの疫学研究により、高脂肪食が前立腺がんを促進することが知られている。しかし、メカニズムに関しては免疫不全マウスを用いた研究が主で、炎症・免疫細胞などのがん微小環境を含めた検討はなされておらず、ヒトに近いマ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞