m3.com トップ > 臨床ニュース > 武田薬品 抗肥満薬オブリーン錠 未発売のまま導入元企業に返還

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

武田薬品 抗肥満薬オブリーン錠 未発売のまま導入元企業に返還

2018年7月18日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

武田薬品は7月13日、肥満症治療薬オブリーン錠120mg(一般名:セチリスタット)の日本での開発・製造・販売権を導入元企業のオランダのノルジーン社に10月13日付で返却すると発表した。2013年に製造販売承認を取得したものの、その薬価収載を審議した同年の中医協総会で同剤の有効性や保険医療上の必要性が問われ、これまで収載保留となっていた。同社はホームページ上で「発売準備中」と案内しており、未発売のまま権利を返還することになる。同社広報部は本誌取材に、「厚労省に対して再審議を今までお願いしてきた」と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞