m3.com トップ > 臨床ニュース > ネキシウム、小児用法・用量の追加を目指す臨床試験開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ネキシウム、小児用法・用量の追加を目指す臨床試験開始

2018年7月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

アストラゼネカ株式会社は7月13日、プロトンポンプ阻害剤(PPI)「ネキシウム(R)カプセル10mgおよび20mg」「ネキシウム(R)懸濁用顆粒分包10mgおよび20mg」(一般名:エソメプラゾールマグネシウム水和物)の2剤形の小児用法・用量について、効能・効果への拡大を目的とした臨床試験を開始したことを発表した。今回の臨床試験は、「再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法」、「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」、「低用量アスピリン投与時にお...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞