m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児気管チューブ「カフなし多い」が半数

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児気管チューブ「カフなし多い」が半数 「小児の気管チューブはカフ付きかカフなしか」-Vol. 1

2018年7月20日 m3.com意識調査  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患救急その他

小児の手術時で気管チューブを用いる場合、従来は「カフなし」が主流だったが、近年は小児用の登場もあって「カフ付き」を選択するケースも増えてきているという(『気管チューブ、カフ付きか否か』を参照)。m3.com意識調査で、気道管理が必要な小児の手術に携わる医師436人に、カフ付きとカフなしのチューブの使用実態を尋ねたところ、「カフなしが多い」が49.3%で最も多かった。「カフ付きは使わない」とした医師に回答理由を尋ねると、57.4%が合併症リスクを挙げた。Q.気道管理が必要な小児の手術に携わることが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞