m3.com トップ > 臨床ニュース > ROS1/TRK阻害剤entrectinibの導入契約を締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ROS1/TRK阻害剤entrectinibの導入契約を締結

2018年7月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 投薬に関わる問題

中外製薬株式会社は7月17日、スイスのF.ホフマン・ラ・ロシュ社と、ROS1融合遺伝子またはNTRK融合遺伝子が確認されたがんを対象に開発中のROS1/TRK阻害剤entrectinib(開発コード:RG6268)について、導入契約を締結したと発表した。この契約の締結により中外製薬は、entrectinibの日本における独占的開発・販売の実施権を許諾され、その対価として契約一時金およびマイルストンをロシュ社に支払う。ROS1融合遺伝子は、何らかの原因によりROS1遺伝子とCD74など他の遺伝子と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞