m3.com トップ > 臨床ニュース > 「臍作って」に矛盾感じる理由 【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「臍作って」に矛盾感じる理由 【時流◆臍にまつわる「へぇ?そう!」な話】 慶應義塾大学形成外科・坂本好昭講師に聞く- Vol. 1

2018年7月24日 時流  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患その他

「臍」は、人間が生まれながらに持つ唯一の瘢痕だが、腹部手術などで臍がなくなってしまうことがある。そんな臍の欠損例や臍ヘルニアの臍形成術を引き受けるのが形成外科だ。慶應義塾大学形成外科講師の坂本好昭氏によると、「形成外科医にとって『きれいな臍を作って』というのは矛盾を感じる依頼」だそうだ。その理由とは。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)左右対称に作ると「臍じゃない」?――形成外科医にとっての臍の意義を教えてください。形成外科に紹介されてくる臍形成術の相談で多いのは、いわゆる「トラブル症例...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞