m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒスタミンがマダニ吸血に対する免疫に関与

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒスタミンがマダニ吸血に対する免疫に関与

2018年7月24日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患皮膚疾患

東京医科歯科大学は7月18日、好塩基球の放出するヒスタミンが、マダニ吸血を阻害することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学大学院医歯学総合研究科免疫アレルギー学分野の烏山一教授と吉川宗一郎助教ら、東京慈恵会医科大学、東京医科歯科大学難治疾患研究所、適寿リハビリテーション病院の研究グループによるもの。研究成果は「FrontiersinImmunology」に掲載された。吸血性の寄生虫であるマダニは、ライム病やつつが虫病などを引き起こす病原体を伝搬するベクターとして知られ、世界的にも対策が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞