m3.com トップ > 臨床ニュース > エクリズマブとDPCの見解で学会訂正

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エクリズマブとDPCの見解で学会訂正 日本血栓止血学会、「輸血」は適用に

日本血栓止血学会はこのほど、エクリズマブ(商品名:ソリリス)使用のDPC(DiagnosisProcedureCombination)適用について、「DPCに含まれる状況として輸血を行った場合がある」とする見解を同学会公式サイトで報告した。2018年4月より、エクリズマブ使用がDPCの適用外となったとする見解を6月4日に示していたが、その内容を一部訂正する形となっている。同学会によると、エクリズマブは2016年4月にDPCに含まれた。入院治療で使用した場合に多額の赤字になることが明白だったため、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞