m3.com トップ > 臨床ニュース > ヘビ咬傷の妊婦が意識不明で帝王切開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヘビ咬傷の妊婦が意識不明で帝王切開 「虫やヘビなど刺傷・咬傷の経験を教えてください」-Vol. 3

2018年8月2日 m3.com意識調査  カテゴリ: 小児科疾患皮膚疾患感染症救急

m3.com意識調査で、刺傷・咬傷の原因について医師会員970人に尋ねたところ、陸の動物で半数を超えたのは犬の61.6%と猫の55.1%だった。これに対し、自由回答で症例のエピソードを求めると「妊婦がヘビ咬傷で意識不明に」「マムシと格闘もDIC(播種性血管内凝固症候群)で死亡」「マムシ咬傷で減張切開」などヘビに関する経験が数多く寄せられた。ここでは、陸の動物に関する医師の自由回答を紹介する。Q先生が実際に経験した刺傷や咬傷の症例について、具体的なエピソードを教えてください。(自由回答)「ヘビ」の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞