m3.com トップ > 臨床ニュース > 夏の「困った」:心不全・脳心血管疾患

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

夏の「困った」:心不全・脳心血管疾患 「うちの診療科で夏に目立つ、こんな疾患」-Vol. 2

2018年8月2日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

m3.com医師会員1136人を対象とした意識調査で、夏に管理が難しくなる慢性疾患について聞いた。心不全については水分、塩分摂取と利尿薬、βブロッカーなどの用量調節、脳・心血管疾患では脱水による脳梗塞発症や再発の問題を指摘する意見が寄せられた。ここでは、夏に両疾患の管理が難しくなる理由や処方の工夫などに関する自由回答を紹介する。(m3.com編集部・坂口恵)Q.「夏に管理が難しくなる」と考える慢性疾患とその理由、あるいは実践している処方の工夫や生活指導●心不全適切な水分、塩分摂取量の指示が出しに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞