m3.com トップ > 臨床ニュース > 漢方でEBMを実践する現実的な方法【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

漢方でEBMを実践する現実的な方法【研修最前線】 研修最前線 北里大学医学生・臨床医のための東洋医学セミナー 総括講義:東洋医学と西洋医学の違い Vol.7_3

2018年8月8日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

北里大学東洋医学総合研究所(東医研)の集中講座「医学生・臨床医のための東洋医学セミナー」から東洋医学の基礎を学んできたm3.com「研修最前線」漢方シリーズ、最終回は、漢方でEvidenceBasedMedicine(EBM)を実践する方法について。診療ガイドラインがない東洋医学において、医師はどのように信頼できる情報を得、日々の診療に活かしていったら良いのか。同研究所・小田口浩所長が受講生に送ったメッセージを紹介する。ガイドラインも数値指標もないのが漢方小田口診療ガイドラインや数値的な指標もな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞