m3.com トップ > 臨床ニュース > レパーサ、スタチン不耐性患者を対象に一変申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

レパーサ、スタチン不耐性患者を対象に一変申請

2018年8月8日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社とアステラス製薬株式会社は8月3日、高コレステロール血症治療剤「レパーサ(R)皮下注(一般名:エボロクマブ(遺伝子組換え))について、高コレステロール血症におけるスタチン不耐性患者を対象とした日本での一部変更承認申請を行ったことを発表した。高コレステロール血症の患者に対する治療では、主にHMG-CoA還元酵素阻害剤(スタチン)が用いられている。しかし、筋障害の副作用が生じ有効量のスタチン服用が継続できない「スタチン不耐」の患者がいる。患者がスタチン不...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞