m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲子園で感じた熱中症への低い指導者意識

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲子園で感じた熱中症への低い指導者意識 「夏の甲子園、医師として健康影響どう考える?」-Vol. 2

m3.com意識調査で、夏の全国高校野球選手権大会で球児や応援する生徒の環境に対する懸念点を尋ねたところ、会員医師1512人の72.5%が「高い気温・湿度」と回答した。その理由として、救護班を務めた経験から「指導者の熱中症に対する意識が低過ぎる」や「医学部でも野球部が最も熱中症を起こしている」など心配の声が寄せられた。ここでは、夏の甲子園の懸念点で選んだ回答理由を紹介する。Q.「全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)における高校球児のプレーや出場校生徒の応援環境で、医師として最も懸念する点を教...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞