m3.com トップ > 臨床ニュース > A型肝炎患者の増加に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

A型肝炎患者の増加に注意喚起 発生状況と感染者に対する診療で周知

2018年8月10日 日本感染症学会  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症

日本感染症学会はこのほど、厚生労働省が発出した「A型肝炎患者の報告数増加に伴う注意喚起について(協力依頼)」の通知を同学会ホームページに掲載した。通知によると、2018年第1週から第24週(6月11-17日)におけるA型肝炎患者の報告数は417件で、例年の年間約100-300件と比べて大幅に増加。A型肝炎の感染拡大を防ぐため、発生状況と感染者などに対する診療などについて、周知を促している。発生状況については、A型肝炎患者の報告数増加のほか、都市部を中心に、国内の複数の地域で報告があるとしている。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞