m3.com トップ > 臨床ニュース > 細胞の癌化に関わるエピゲノムの目印を検出する技術を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

細胞の癌化に関わるエピゲノムの目印を検出する技術を開発

2018年8月13日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患その他

理化学研究所は8月8日、細胞のがん化に関わるエピゲノムの目印を検出する技術を開発し、ヒトの肺がん細胞株におけるエピゲノム地図を解明し、公開したと発表した。この研究は、理研生命機能科学研究センターエピジェネティクス制御研究ユニットの梅原崇史ユニットリーダーらの共同研究グループによるもの。研究成果は、英科学雑誌「Epigenetics」オンライン版に掲載された。多くのがんでは、エピゲノムの異常によるがん遺伝子の発現上昇が確認されている。そのうち、クロマチン関連タンパク質の一種であるBETファミリータ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞