m3.com トップ > 臨床ニュース > ADHD薬インチュニブ錠、成人適応追加で承認申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ADHD薬インチュニブ錠、成人適応追加で承認申請

2018年8月14日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

塩野義製薬8月10日、注意欠陥/多動性障害(ADHD)治療薬インチュニブ錠1mg(一般名:グアンファシン塩酸塩)に成人適応を追加する承認申請を同日付で行ったと発表した。同剤は、小児適応で2017年に承認を取得し、同年5月に発売されている。今回は18歳以上の患者に対しプラセボ対照に治験を行い、有意な改善を確認した。同剤は、塩野義が販売し、シャイアー・ジャパンと共同販促している。シナプスに存在する受容体を介してノルアドレナリン作動性神経を活性化することで症状を改善する非中枢神経刺激薬。この作用機序で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞