m3.com トップ > 臨床ニュース > レムナント改善で糖尿病合併症予防の可能性【第50回日本動脈硬化学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

レムナント改善で糖尿病合併症予防の可能性【第50回日本動脈硬化学会】

2018年8月16日 MMJ  カテゴリ: 循環器疾患内分泌・代謝疾患

第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会(会長・山下静也りんくう総合医療センター病院長)が7月12、13日、大阪市内で開かれた。テーマは「深く識る動脈硬化学~これまでの半世紀と未来への提言~」。12日にはCuttingEdgeSymposium2「糖尿病と脂質異常症の関係を識る」が開かれ、6人の演者が登壇した。日本医科大学糖尿病・内分泌代謝内科の板垣恭子病院講師は「糖尿病におけるレムナントの評価と制御」と題して発表した。(MMJ編集長・吉川学)シタグリプチン投与でApoB-48低下稲垣病院講師はま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞