m3.com トップ > 臨床ニュース > 食後血糖とカイロミクロンにGLP-1以外の共通調節機序が存在か【第50回日本動脈硬化学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食後血糖とカイロミクロンにGLP-1以外の共通調節機序が存在か【第50回日本動脈硬化学会】

2018年8月21日 MMJ  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患

第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会(会長・山下静也りんくう総合医療センター病院長)が7月12、13日、大阪市内で開かれた。テーマは「深く識る動脈硬化学~これまでの半世紀と未来への提言~」。12日にはCuttingEdgeSymposium2「糖尿病と脂質異常症の関係を識る」が開かれ、6人の演者が登壇した。日本医科大学千葉北総病院内分泌内科の岡島史宜講師は「強化インスリン療法を用いた短期間の厳格な血糖コントロールのカイロミクロン代謝に与える影響と血糖及びカイロミクロンの食後代謝の関連」をテーマ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞