m3.com トップ > 臨床ニュース > 「在宅は俺が命をかけた医療ではない」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「在宅は俺が命をかけた医療ではない」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】 西智弘氏による小堀鷗一郎氏へのインタビュー-Vol. 1

2018年8月20日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

高齢人口の増加に伴う多死社会を迎え、「終末期」や「看取り」といった言葉が多く使われるようになっている。今まで、治癒、延命や救命に重点が置かれてきた医療現場でも、患者の意思決定支援や終末期医療などの対応への関心が高まってきている。緩和ケアや在宅診療に携わる30歳代の西智弘氏と、80歳代の現役訪問診療医・小堀鷗一郎氏――目まぐるしく変わる医療環境を生きてきた世代の大きく異なる2人の医師に、自身が考える「死」そして「終末期医療」などを話し合ってもらった。職人肌の外科医だった小堀氏は、現在...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞