m3.com トップ > 臨床ニュース > ペンブロリズマブ導入時のポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

ペンブロリズマブ導入時のポイント【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.52_2

2018年8月20日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患一般外科疾患

ステージIVの非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害薬ペンブロリズマブ導入をテーマにお送りしているm3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第52弾。第2回は、既存の抗癌剤とは異なる機序を持つ免疫チェックポイント阻害薬の作用機序と、治療方針決定のポイントを、ジュニアレジデント1年目の二木萌々子氏が解説する。1カ月前にはなかった軽度圧迫骨折を確認二木萌々子氏(以下、二木)本症例の入院後経過です。ペンブロリズマブの投与は入院翌日より開始しました。左大腿骨に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞