m3.com トップ > 臨床ニュース > 新薬9製品を収載へ 

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新薬9製品を収載へ 

2018年8月24日 ミクスOnline  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

厚生労働省の中医協総会が8月22日開かれ、新薬9製品(9成分13品目)を薬価収載することを了承した。同省は8月29日に収載する予定。2017年度に全世界で2000億円超の売上高となった潰瘍性大腸炎治療薬・エンタイビオ点滴静注用(武田薬品)、免疫チェックポイント阻害薬・イミフィンジ点滴静注(アストラゼネカ)が薬価収載された。イミフィンジは、非小細胞肺がん(NSCLC)の適応で薬価収載された4番手の製品で、10年後のピーク時売上高は374億円としている。収載される製品は以下のとおり(カッコ内は成分名...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞