m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本で無視されるべきでない「死に方」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本で無視されるべきでない「死に方」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】 西智弘氏による小堀鷗一郎氏へのインタビュー-Vol. 2

2018年8月27日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

若くして緩和ケアの世界に飛び込んだ西智弘氏による、長年癌患者の手術に邁進し、在宅医療の世界に進んだ小堀鷗一郎氏への「死」、そして「終末期」に関するインタビューの第2回。自身は生まれながらのカトリック信者という小堀氏は、自身の確固たる宗教を持たない日本人が考える、ある「死に方」について議論を深めるべきだと話す。(まとめ:m3.com編集部・坂口恵)老老介護家庭の緩和ケアで起きたこと西:僕自身は緩和ケアの世界に入ったのは2007年くらいなのですが、先生は在宅医療を13年間やってこられた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞