m3.com トップ > 臨床ニュース > 見落としなく癌を検出するAI開発を目指して【時流◆臨床の明日はどっちだ】(2018/9/3訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

見落としなく癌を検出するAI開発を目指して【時流◆臨床の明日はどっちだ】(2018/9/3訂正) AI開発する医師・多田智裕氏に聞く-Vol.1

2018年8月28日 時流  カテゴリ: 消化器疾患その他

画像診断AIの可能性を語る多田氏人工知能(AI)を用いた画像診断支援ソフトウエアの開発が進んでいる。厚生労働省では、画像診断AI開発に必要なデータの企業への提供を、当初の予定から1年早めて2019年春から始めるとし、今後、医療現場での導入が進んでいくと考えられている。一方で、「AIが誤診し、患者の状態が悪化した場合、誰が責任を取るのか」という声も聞かれる。画像診断支援AIはどのように発展していくのだろうか。開業医として臨床に取り組みつつ、内視鏡画像診断AIの開発を行う医療ベンチャー「AIメディカ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞