m3.com トップ > 臨床ニュース > 首都圏で風疹流行の兆しと警告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

首都圏で風疹流行の兆しと警告 日本産婦人科医会、30-50代男性が中心

2018年8月30日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症

日本産婦人科医会はこのほど、首都圏を中心に風疹流行の兆しが見られることから、20週までの妊婦に対し、風疹に罹らないよう、また風疹患者に接触しないよう注意を喚起する緊急の警告文を同会ホームページに掲載した。現在風疹に罹っているのは特に30-50代男性で、大人から大人に感染しているとし、夫を含め、周囲の風疹感染者の有無に注意するよう呼びかけている。警告文では、妊婦に対し、速やかに風疹の抗体検査を受けて免疫の有無を確認することを求めている。妊娠中は風疹のワクチン接種を受けられないため、風疹に対する抗体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞