m3.com トップ > 臨床ニュース > 進む「看取りのオートメーション化」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

進む「看取りのオートメーション化」【時流◆30代医師が80代医師に問う、生と死の話】 西智弘氏による小堀鷗一郎氏へのインタビュー-Vol. 3

2018年9月3日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

若くして緩和ケアの世界に飛び込んだ西智弘氏による、長年癌患者の手術に邁進し、在宅医療の世界に進んだ小堀鷗一郎氏への「死」そして「終末期」に関するインタビュー第3回。地域包括ケアへの移行が進む中で、かかりつけ医を中心とした医療システムの構築が重要と考えられるようになっている。小堀氏は「看取りのオートメーション化」は避けられず、今後、多職種での看取りも加速するだろうと展望する。(まとめ:m3.com編集部・坂口恵)「そういう医療はあるべきではないが、そうしないと持たない」西:今後、日本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞